くびれをつくる効果的な方法

引き締まったウエストラインを手に入れるべく、ダイエットを始める女性は数多くいると思います。

ただ、ちまたにはあまり効果的でない方法が紹介されている場合が多く、なかなか結果が出ない方も多いはず。

そこで、私が思うくびれをつくるための最も効果的な方法を紹介したいと思います。

①腹筋はしなくても良い?

おなかの脂肪を減らしたいといってすぐに思いつくエクササイズが腹筋でしょう。ただ、くびれをつくるためには、腹筋を鍛えるよりもお腹周辺の脂肪を減らさなければなりません。

腹筋をしたからといってお腹の脂肪が効率的に減っていくわけではないのです。

お腹の脂肪を減らせば、自然とその下にある筋肉が見えるようになり、脂肪が減ればくびれをつくりやすくなります。

脂肪を減らすのは、一番は食事。自分の1日の推定消費カロリーから目標摂取カロリーを算出し、タンパク質、脂質、炭水化物の目標値を算出して、毎日の食事をルーチン化すると良いでしょう。

今は、栄養管理のアプリが多数出ていますので、そういったものを活用しても良いですね。計画的に減量することが重要です。

②広背筋を鍛えよう

広背筋を鍛えると、背中の幅が広くなり、逆にウエストが細く見えます。背中が引き締まっている女性は魅力的に見えますよね。

ぜひ、広背筋を鍛えて、お腹と背中のギャップをつくってください。

効果的なトレーニングとしては、ラットプルダウン。懸垂でもいいですが、負荷の調整が難しいので、ジムに通われている方はラットプルダウンをおすすめします。(懸垂でも足を床につけながら行い、うまく負荷を調整するやり方もあります。)

【筋トレ】ラットプルのやり方~ワイドな広背筋を目指せ!

よく、広背筋のトレーニングとして、ローイング系の種目(体の前から後ろに引く動作)が上げられますが、どちらかというとローイング系は背中の厚みをつくるのに効果的ですので、やるのであればラットプルダウンでしょう。

③お尻を鍛えよう

引き締まったお尻は、ウエストとのギャップを生み出します。キュッと上がったお尻は、女性の憧れですよね!

お尻の効果的な鍛え方は、以前の記事で取り上げていますので、参考にしてください。

お尻を鍛える効果的なトレーニングとは

いかがでしたでしょうか?食事、背中、お尻の3つに着目して、効果的にくびれをつくりましょう。