アナボリックステロイドについての個人的な見解

アナボリックステロイド コラム

こんにちは。宇都宮のパーソナルトレーニングジム、ボディライブの山岸です。

 

昨今のフィットネスブームにより、フィットネスを仕事にする方も増えていて、その中の方たちの多くが、YouTubeやインスタグラムなどのメディアを使用し、セルフブランディングを行っていることと思います。

 

そういった方々の中には、コンテストに出場する方もいるでしょう。コンテストでよい成績を残すことができれば、セルフブランディングにも価値があります。

 

ただ、このフィットネスブームの中で最近よく話題に上がっているのが、アナボリックステロイドです。

 

アナボリックステロイドとは、タンパク同化作用を有するステロイドホルモンの総称で、簡単に言えば筋肥大の効率を高めるものです。

 

それを競技スポーツやボディビルの世界で使用する方たちもいます。いわゆるドーピングというものですね。

 

アナボリックステロイドは医薬品ですので、骨粗しょう症や慢性腎疾患、ケガや火傷、再生不良性貧血などの治療に使われます。

 

アナボリックステロイドには、数多くの副作用が確認されています。例えば、テストステロンの産生の減少や、血圧・コレステロール値上昇、AGA(男性型脱毛症)の促進など多岐にわたります。

 

その副作用を相殺するための薬剤(ケア剤)があり、ステロイドユーザーのほとんどはそれを服用していると思います。

 

ただ、これらの副作用のほとんどは過大評価されている場合が多いとは思います。

 

日本では所持や使用の禁止はされていないので、私的に使用する場合には法律上は問題ありません。

 

一番の問題は、ステロイドを使用していないと偽り、大会に出場することやビジネスをすることだという意見が大多数を占めています。それではフェアではないということです。

 

しかし、大会に出場している方でもステロイドを使用していることを公言する方はまずいないでしょう。

 

それは、スポンサーの関係だったり、ファンを色々な形で裏切ることにもなるからかもしれません。もしかしたら、大会の実績を取り消されることもあるかもしれません。

 

ですが、そういった方々の多くは、ストロイドを使用しないと勝てない世界いることが多いです。周りがステロイドを使用しているのに、ステロイドを使用せず戦っては絶対に勝てないのが現状です。

 

それが、今のフィットネス界上位の現状だと思います。

 

私にもステロイドの誘惑は確かにありました。なぜならトレーニングや食事にこだわり、少しでも筋肥大をしようと私なりに努力していることが、アナボリックステロイドを使用すればさらに効果的に進めることができるのですから。

 

しかし、今後も私がステロイドを使用することはないと思います。なぜならパーソナルトレーナーという立場から自然な形でボディメイクをして、その経験や知識をクライアントに提供することが一番だと考えているからです。

 

ステロイドを使用すると、食事内容やトレーニングの内容も変わってきます。その経験はクライアントにはおそらく不必要です。

 

最後に私の個人的な考えですが、ステロイドは使用しないことをおススメします。それは、副作用のこともありますし、ケア剤が増えることで金銭的にももったいないです。また、浅はかな知識で使用して、効果が出ないばかりか、副作用だけもらってしまうなんてこともあるかもしれません。

 

またステロイドを使用することで、自分が真摯に向き合っているボディメイクに後ろめたい気持ちが芽生え、そんな状態でボディメイクなど続けたくありませんよね。