アルコールと筋肥大

筋トレを行っていく中で、アルコールは大丈夫なの?と疑問に思ったことはありませんか?

トレーニング後の一杯は確かに格別に美味いですが、実は筋肥大に悪影響を及ぼす可能性があるのです。

それは、アルコールを摂取したことによるタンパク合成の低下です。

身体は絶えずタンパク合成と分解を繰り返しています。アルコールはこのタンパク合成を妨げ、かつ分解を促進する可能性があります。

具体的には、コルチゾルの上昇、テストステロンの減少が認められるようですね。

また、運動後の筋ダメージの増加も引き起こし、多量のアルコール摂取により筋力の低下が大きかったようです。

つまり、運動後や日常生活に限らず、多量のアルコール摂取は筋肥大を阻害してしまうということです。

しかし、そうはいっても、プロのアスリートやボディビルダーでなければ、そこまで日常生活の楽しみを犠牲にしてまで筋トレをすることはないと個人的には思います。

今回の話は、ビールを5杯とか7杯とか多量に飲んだ場合の話であって、節度を守って飲めば良いのではないでしょうか。

アルコールの摂取量が増えれば増えるほど、筋肥大の阻害は増大していくそうなので、少量で楽しむ程度にしておけば問題ないと思いますよ。