オメガ3をダイエットで摂取する理由

EPA コラム

こんにちは。宇都宮のパーソナルトレーニングジム、ボディライブの山岸です。

 

今回は、脂肪酸であるオメガ3のなかでも、特にEPAがダイエットに効果的であるということについてお話ししたいと思います。

 

EPAは特に青魚の脂に多く含まれていて、日常的にイワシやサバを食べている方も多いと思います。また、サプリメントで摂取している方も中にはいるのではないでしょうか。

 

しかしほとんどのオメガ3サプリメントは、EPAよりもDHAの方が多く含まれているのではないでしょうか。

 

実は、ダイエットに関してはDHAよりもEPAのほうが重要なのです。

 

EPAはマージ細胞の数を増やすことがわかっています。マージ細胞は脂肪を熱に変換させるメカニズムで重要な働きをしています。

 

つまり、EPAを摂取することで、効率的に脂肪を代謝することができるわけです。

 

しかし、DHAにはこのマージ細胞を増やす効果はありません。よってサプリメントを選ぶ場合EPAの含有量やEPAとDHAの比率を気にする必要があります。

 

よくオメガ3、つまりDHA+EPAを1日に1~2g程度、多くて2.5g程度摂取するとよいと聞きますが、主にDHAで摂取するのか、EPAで摂取するのかによって全然話が違ってくるわけです。

 

もしサプリメントを摂取したい場合は、EPAがDHAの2倍の比率で入っているものをおすすめします。この濃度であれば、血中のEPAの濃度を高い値で上昇させることができます。

 

ただ、EPAの濃度が高いサプリメントは価格が高くなってしまうため、余裕があれば気を使ってもらえるとよいと思います。

 

食品から摂取する場合には、魚の脂質量に気をつけてもらえるとよいと思います。いくらEPAがダイエットによいといっても、脂質の摂りすぎは太る原因になってしまいますからね。1日のマクロ栄養素と相談して食卓に取り入れていきましょう。