グルタミンの効果

グルタミンは体内に最も多く存在するアミノ酸で、ストレスがあるときに必要量が急増します。

このようなアミノ酸を「条件下必須アミノ酸」と呼びます。

さっそくグルタミンの効果について見ていきましょう。

筋肉の分解を防ぐ

トレーニングをハードに行って疲労すると、身体はそれをストレスだと感じます。このとき筋肉からグルタミンが取り出されて、エネルギーの材料にしようとします。

これは筋肉が分解されるということです。

そこで外部からグルタミンを摂取することで、筋肉の分解を防ぐことができます。

またグルタミンには筋肥大の効果を期待する作用もあるとのことです。

筋肉の回復を促進する

ある研究では、グルタミンを摂取した群とそうでない群で比較した場合、グルタミン摂取群では筋肉痛が減少していたそうです。特に男性の効果が高かったとか。

また、BCAAと同じように、グルタミンにはタンパク合成を高める作用や、さらに筋グリコーゲンを増加させるという報告もあります。

他にも成長ホルモンの分泌を高める効果や、インスリンの脂肪細胞への感受性を低下させる、つまり太り辛くさせる効果も期待できます。

免疫を高める

好血球やマクロファージ、リンパ球などの免疫細胞はグルタミンをエネルギーとして使用しています。

さらにグルタミンの濃度が高いほど、リンパ球の増殖も起こりやすくなります。

つまり、免疫レベルが高まり、風邪を引きにくくなったり、ケガからの回復が早くなったりするというわけです。

いかがでしたでしょうか。トレーニングをハードに行っている人は当然グルタミンの必要量も増えます。

興味がある人は、ぜひサプリメントのひとつに取り入れてみてください。