グルタミンの摂取方法

以前の記事でグルタミンの効果についてお伝えしました。この記事では、グルタミンの具体的な摂取方法についてお伝えしたいと思います。

グルタミンの主な効果は免疫向上と筋タンパクの分解防止なので、これを考えると「トレーニング直後」に摂取するのが効率的だと考えられます。

しかし、大量のグルタミン摂取には問題もあります。それは、大量のグルタミンはアンモニアとグルタミン酸に変換されるのです。

アンモニアが問題になるのは、それが疲労に繋がるからです。

血中アンモニアは脳に取り込まれ、脳内のアンモニアは脳のクレアチンリン酸やATP、糖濃度を減少させたり、脳内の酸素代謝率を減少させたりします。

また血中アンモニアは筋疲労の指標ともなります。

ただ、トレーニング直後の摂取でしたらアンモニアのデメリットは避けることができますし、メリットも数多くあります。

いくつかの研究結果をまとめると、1日トータル20~30g程度のグルタミン摂取で、十分な効果が期待できると思います。

ホエイプロテインの場合、100gあたり5g弱のグルタミンが含まれます。

食事から摂取する分も考慮すると、ホエイプロテインを1日に50~100g飲む場合、サプリメントとしてのグルタミンは10~15g程度で十分だと思われます。

トレーニング直後にグルタミンを10~15g摂取し、その後数十分後にホエイプロテインを40g程度飲むことで十分な効果が期待できそうです。