ダイエットにおけるカロリーゼロの落とし穴

ゼロカロリーコーラ食事・栄養

カロリーゼロやカロリーオフなど今やたくさんのダイエットに関連した商品が出回っていますよね。こういった商品をダイエットの時に利用する方は多いと思います。

 

しかしカロリーゼロだからといって、実は大量に食べてもまったく太らないというわけではありません。

 

今回はカロリーゼロやカロリーオフについて詳しくお伝えして、こういった商品を使うときの心構えを身につけてもらえればと思います。

 

ノンカロリーやカロリーゼロ

 

まずカロリーの記載は、健康増進法の栄養評価基準によってルールが決められています。実は100㎖あたり5kcal未満であれば、カロリーゼロやノンカロリーと表記してもルール上は問題ないんです。

 

つまり、ゼロカロリーコーラのように500㎖の飲料であれば、25kcal程度のカロリーは含まれている可能性があるということになります。

 

25kcalを糖質換算すると6g程度です。ケトジェニックダイエットの場合、個人差はあるでしょうが女性では1日の糖質摂取量が20~30g程度に制限することもあると思います。なので、ゼロカロリーコーラを飲む場合は、6gの糖質摂取を覚悟しなくてはいけなくなり、仮に1日25gの糖質摂取だとすると、他の食事から残り20g程度抑えなくてはならなくなります。もっとがぶ飲みすれば結構な糖質量になってしまいますね。

 

カロリーオフ、低カロリー

 

今度はカロリーオフや低カロリーについてです。これらは、100㎖あたり20kcal未満であれば記載してもよいのです。これは飲料の場合ですね。

 

つまり、カロリーオフの500㎖の飲料があるとすると、最大で100kcal程度のカロリーは含まれている可能性があるということです。100kcalって結構すごいですからね。100gのサラダチキン1個分くらいはあります。

 

100kcal分を糖質換算すると25g程度です。がぶ飲みしなくとも結構な糖質を摂取してしまう計算になります。ケトジェニックの場合、先ほどの例で考えると、500㎖飲料の場合、一発で上限値となってしまいます。

 

余談になりますが、炭水化物が入っているのにも関わらずカロリーが0のものは、食物繊維である難消化性デキストリンが入ってるものだと思います。この難消化性デキストリンは消化することができないため、カロリーを持ちません。

 

とは言ってもダイエット時にどうしても甘いものを飲みたい、食べたい場合にはカロリーゼロやカロリーオフはダイエットに役立つものだと思いますし、私もダイエット時にはたまに使ったりしています。

 

一応カロリーはあるんだくらいの気持ちで食べてもらって、正しい知識を持ってダイエットに活かしてもらえればと良いかな思います。

タイトルとURLをコピーしました