トレーナー目線でのGL値

ダイエットを志した人は、一度は聞いたことがあるGI値。

これは、簡単に言うと血糖値の上昇具合です。GI値が高いと血糖値が急激に上昇します。急激に上昇すればそれだけインスリンが分泌され、結果として体脂肪が増えやすくなります。

つまり、ダイエット中は低GI値の炭水化物を食べなさたほうが良いということですね。ダイエット中だけでなく、低GI値の炭水化物はビタミンや食物繊維が精白米よりはありますので、健康にもよいです。

ただ、最近ではGL値というものが話題になっています。

分かりやすく例をあげると、ごはんとスイカはどちらもGI値は高いです。しかしごはん100gとスイカ100gを食べたのでは、摂取した糖質は圧倒的にごはんの方が多いです。

これは、スイカがほとんど水分であるということが理由です。つまり、同じ量の食品でも糖質が含まれている量が少なければ、GL値は低いということになります。

ぶどうやオレンジ、にんじんはみんな低GL食品です。

このGL値を気にすれば、ダイエットにも効果的だということですが、ことトレーニングで筋肥大を目指している人には疑問が残ります。

なぜなら、糖質は筋肥大にとって重要な栄養素であり、たいていのトレーニーはある程度決められた糖質量をとっているはずだからです。

私でいえば、減量中であれ糖質は200g以上は摂取しています。これをスイカから摂取しようとすると2kg以上摂取しないといけません。

これは辛すぎます。

また、GI値は決して低いわけではありませんので、腹持ちも悪そうです。

このGL値は、どうしても糖質を摂り過ぎてしまう人が、一日の生活の一部の食事で採用するとよさそうです。

トレーニーはGI値のみ気にすれば良いのではないでしょうか。あくまで個人的な解釈です。