ビタミンの働き【ボディメイク】

ボディメイクにおいて、重要な栄養素といえばタンパク質と答える人はたぶん多いでしょう。

確かにその通りなのですが、タンパク質はビタミンやミネラルがないと十分に効果を発揮できないのです。

その五大栄養素のひとつビタミンの働きについて少し触れましょう。

私たち生きていくためには、食べ物を消化したり、エネルギーを生産したり、骨や筋肉、内臓の細胞を新しく入れ替えたりと、様々な化学反応が必要となります。

このように人間の体内で起こる化学変化を、とくに代謝と呼びます。そして代謝のときに必要とされるのが酵素です。

そして酵素はDNAのメッセージによってつくられるタンパク質の一種です。ですから酵素をつくるためにはタンパク質が必要になります。

ただし、タンパク質だけではダメで、酵素が反応を起こすときに働きを助けてくれるもの(触媒)が必要になります。これを補酵素と言いますが、多くの補酵素はビタミンなのです。

つまり、ビタミンが欠如していると代謝がうまく行われないということになりますね。

予断ですが、ウォームアップは酵素の働きを高める意味もあります。普通の体温よりも高めだと酵素の活性が高まります。

そしてエネルギーを合成する酵素や筋肉の収縮に必要な酵素、神経伝達物質をつくる酵素が活性化していくのです。

ボディメイクというとタンパク質や糖質、脂質といった三大栄養素にばかり目がいきがちですが、そういったものを代謝してくれるビタミンも重要な栄養素だと頭に入れておきましょう。