ベンチプレスを強くするディップス!

ディップス コラム

こんにちは。宇都宮のパーソナルトレーニングジム、ボディライブの山岸です。

 

ベンチプレスだけを行っていても、ベンチプレスを強くすることは可能ですが、他のエクササイズを多角的に取り入れることで、さらに効果を高めることができます。

 

今回おススメする種目は「ディップス」です。ベンチプレスは体を固定して行われますが、ディップスは体が不安定な状態で行うため、体を安定させる筋肉群も多く使われ、神経系の発達も促されます。

 


またベンチプレス時にロックアウト(最後に)が弱く、肘を伸ばしきれないといったことを改善するためにも非常に効果的です。

 

ディップスの注意点としては「前傾して行う」ことです。一般的に大胸筋に効かせるディップスは前傾し、上腕三頭筋に効かせるディップスは上体を直立させるように指導されます。

 

しかし、上体を直立させるディップスは、三角筋前部がオーバーストレッチとなりやすく、あまりおススメはできません。

 

肘は体の真横からあまり後ろに行かないように気をつけ、上体を前に倒すように前傾させて行うようにしてください。

 

下ろす深さは、肘が90度より少し深くなるくらいで、トップポジションでは必ず肘を最後まで伸ばしきるようにしてください。