ホエイプロテインの種類や特徴を解説!

ホエイプロテイン コラム

おはようございます。宇都宮のパーソナルトレーニングジム、ボディライブの山岸です。

 

トレーニングを行っている方たちに一番人気のサプリメントといえば、ほぼ間違いなくプロテインでしょう。

 

プロテインにもホエイプロテイン、カゼインプロテイン、ソイプロテインなど色々種類がありますが、その中でも一番ポピュラーで、筋肥大の効果が高いとされているのはホエイプロテインです。

 

そんなホエイプロテインにも実はいくつか種類があることをご存知でしょうか。

 

ホエイプロテインの種類は大きく分けて4つに分けられます。これは製造方法によっての違いになります。

 

そこで今回はホエイプロテインの種類とそれぞれの違いについてお伝えしていこうと思います。

 

 

WPC【ホエイプロテインコンセントレート】

 

まず、一つ目はWPCという種類です。

 

WPCの特徴としては、タンパク質含有量がだいたい80%までで、脂質や乳糖が多少含まれます。

 

つまり、ダイエット中で脂質や糖質をできるだけ摂りたくない方には、あまり向かないかもしれません。

 

また、乳糖不耐性といって乳糖を摂取することでお腹がゆるくなってしまう方も向いていないでしょう。

 

ただ、脂質や乳糖が含まれるといっても微々たる物なので、特に気にしない方はWPCでよいと思います。また、WPCはカルシウムなどの体に必要な栄養素も他の種類よりも多く含まれています。

 

ホエイプロテインの中では、WPCが一番コストが安く、基本的には多くの方がこのWPCを愛用していると思います。

 

WPI【ホエイプロテインアイソレート】

 

次に紹介するのは、WPIです。

 

特徴としては、タンパク質の含有量が80~90%と、WPCと比べて10%程度高く、また、糖質や脂質もほとんど含みません。

 

タンパク質以外の栄養素をほとんど除去しているものがWPIです。

 

WPIはほとんど乳糖を含まないため乳糖不耐性の方はWPIを選ぶとよいでしょう。

 

ただ、WPCよりもコストは高めになります。また、WPCに含まれるようなカルシウムなどの必要な栄養素もほとんど含まれなくなります。

 

お金に余裕があり、かつダイエットのために少しの糖質や脂質も摂取したくないという方は選ばれるとよいのではないでしょうか。

 

CFM【クロスフローマイクロフィルトレイション】

 

このCFMは知っている方も少ないと思いますが、上記2つと比べると一番内容のよいものだと思います。

 

特徴としては、タンパク質含有量がWPIと同じで80~90%と高く、かつカルシウムなどの有効成分を残してあるというところです。

 

またBCAAの含有量も上記2つと比べて一番です。

 

コストは高めですが、より質の高いホエイプロテインを求めいている方にはよいと思います。

 

WPH【ホエイプロテインハイドロリサイト】

 

最後にWPHになります。これを愛用している方はかなり少ないのではないでしょうか。

 

特徴としては、この4つの種類の中で一番吸収スピードが早いです。

 

例えばトレーニング後のゴールデンタイムになるべく早くタンパク質を吸収させたいときには、このWPHは有効なのではないでしょうか。

 

また、筋肥大に一番重要だと言われているアミノ酸であるロイシンが一番含まれているのもこのWPHです。

 

ただ、タンパク質含有量はWPIよりも低く、またコストは高いものが多いです。

 

 

ご自身の経済状況や目的に合わせ、選んでもらえるとよいと思います。