三角筋前部の効果的なトレーニング(アーノルドプレス)

トレーニングで肩と言えば三角筋です。肩幅が広い男性は明らかに見栄えが違いますよね。

もちろん女性も、三角筋のトレーニングをすることにより、よりくびれを強調させることができます。外国人の女性で一番好きな筋肉と言われて三角筋と答える人は多いです。

三角筋は前部、中部、後部に分かれていて、この3つを満遍なく鍛えることで、丸みのある肩をつくることができます。

その中でも、今回は三角筋前部にしぼってお伝えしていこうと思います。

三角筋前部は肩関節の屈曲や内旋の役割があります。つまり、肩関節を外旋させるとストレッチされるわけです。

以前の記事でも記しましたが、筋肥大にはストレッチポジションでの刺激がとても重要になってきます。

その外旋をうまく使った種目がアーノルドプレスです。

アーノルドプレスのやり方!フォームのコツやショルダープレスとの効果の違いを解説

アーノルドプレスはボトムポジションで肩関節が外旋し、トップポジションでは内旋します。

つまり、ストレッチと収縮を最大限に利用した優秀な種目なのです。

フロントプレスやバックプレスも三角筋前部の種目として有名ですが、これらの種目はつねに外旋で行うため、ストレッチはアーノルドプレスに劣ります。

また、肩を痛めている人には、プレス系の種目で痛みが出やすいことが多いですが、アーノルドプレスはスタート時に脇を閉めて行うことができるため、痛みが出ずにできることが多いようです。

ぜひ、肩のトレーニングにアーノルドプレスを導入してみてはいかがでしょうか。