低脂肪ダイエットの考え方

確かに、低糖質ダイエットと並んで、低脂肪ダイエット人気があり、確かに効果があります。

ダイエットに一番効果があるのは食事ですから、三大栄養素の炭水化物か脂質、もしくは両方の量を減らすことがダイエットの基本になります。

ただ、脂質も大切な栄養素ですから、あまりにも摂らなさすぎると、それはそれで問題です。

①テストステロンのレベルが低くなる可能性

テストステロンは、主に男性に多く分泌されるホルモンです。

このテストステロンには様々な効果があり、筋肥大には欠かせないホルモンです。

ただ、脂肪の摂取が少ないベジタリアンは、テストステロン値が低いことが報告されているようです。

しっかりテストステロンを出して、筋肥大していきたい方は、1日の総摂取カロリーの3割、あるいは1日に体重×0.8g程度の脂肪は摂取したいところです。

②摂取すべき脂肪とは

まずは、魚から多く取れる脂肪である、EPAやDHAでしょう。

これについての記事を、以前書きましたので参考にしてください。

EPA・DHAとボディメイク

あとは、オリーブオイルも効果的です。オリーブオイルをふんだんに使用する地中海式の食事には、コレステロール値や血圧、血糖値などの値が大きく改善される可能性があります。

またオリーブオイルには、体重増加のリスクも下げてくれるという、何ともありがたい食品なのです。

その他、ナッツ類も脂肪の補給に最適です。

まとめると、脂肪はなるべく魚やオリーブオイルから摂取するようにし、減らしすぎはダイエットや筋肥大に悪影響を及ぼすため、止めたほうがいいということになります。