加圧トレーニングは本当に効果があるのか?

加圧トレーニング コラム

こんにちは。宇都宮のパーソナルトレーニングジム、ボディライブの山岸です。

 

少し前の話になりますが、加圧トレーニングが通常のウエイトトレーニングと比べて効果があるということで流行りだしたことがありました。

 

現在でも加圧トレーニング専用のジムがあり、通われている方もいると思います。

 

しかし、実際は加圧トレーニングが通常のウエイトトレーニングよりも効果があるというわけではなく、個人の特徴や目的によって合う合わないがあると思います。

 

加圧トレーニングの疑問点

 

加圧トレーニングは、加圧することで血流を制限し、乳酸などの疲労物質を筋肉内に溜めることで効果的に筋肥大をさせていこうというものです。

 

筋肉内に疲労物質が溜まれば、それだけ早く疲れやすくなります。よって短時間でトレーニングを終えることができるといった具合です。

 

ただ、これだけで筋肥大に効果があるのかというと疑問があります。以前の記事でもお伝えしましたが、トレーニングにより筋肥大を起こさせる刺激には3つあると言われています。

 

それは、物理的刺激、筋損傷による刺激、化学的刺激です。

 

この3つの刺激を満遍なく筋肉に与えることが重要なのですが、加圧トレーニングは化学的刺激がメインの刺激になります。つまり、物理的刺激、筋損傷による刺激があまり得られず、筋肥大の刺激には不十分なのではないかと個人的には思うわけです。

 

加圧トレーニングのメリット

 

上記で加圧トレーニングはどうなのっていうようなことを書きましたが、メリットももちろんあると思います。

 

まず、通常のトレーニングよりも軽い重さで負荷をかけるため、靭帯や関節にかかる負担が少なくてすみます

 

靭帯や関節のけがをしている方やご高齢の方などには、通常よりも多くの化学的な刺激を与えることができるため、有効なトレーニング法ではないでしょうか。

 

いかがでしたでしょうか。加圧トレーニングを行うときには、ぜひ専門のトレーナーなどの下で行ってみてください。