筋肉を追い込むテクニック【ドロップセット】

筋肉を追い込むテクニックとして、ドロップセットという方法があります。

このドロップセットは、例えば100kgではもうできなくても、80kgに落として安全確実にレップスを繰り返すという方法で、限界に近づいたらウエイトを軽くしてさらに回数をこなすというものです。

その際にインターバルは限りなくゼロにすることが重要です。プレートを外したり、ダンベルを持ち替えたりする時間のみで、回数をこなしていくことになります。

理論的には、ウエイトをどんどん軽くしていけば、際限なくレップスをこなしていけるはずです。

しかし、あまり軽い重量でトレーニングしても意味がありませんので、メインセットの50%程度までで良いでしょう。

それでは、具体的なやり方について説明しましょう。

※3~5回ギリギリできる重量を100%とする。

  1. 100%で3~5回行う。
  2. すぐに80%の重量に落とし、限界まで繰り返す。
  3. すぐに60%の重量に落とし、限界まで繰り返す。

※トータルでのレップス数を10回前後に抑えること。

このやり方で行えば、物理的刺激と化学的刺激の両方を筋肉に与えることができます。

種目としては、ピンの抜き差しで重量を変えられるマシンやすぐに持ち替えられるダンベルでできるものがオススメです。