筋肥大に重要なホルモン「インスリン」

筋肉を増やすために、最も重要なホルモンがインスリンと言われています。

インスリンの働き、それは「血糖値を下げること」です。つまり、血液中の糖分を身体の組織内に送り込む働きがあるのです。

食事をすると栄養素が血管に流れ込んできて、血糖値が上がります。
そしてインスリンが追加分泌されることで、血糖値は一定のレベルまで下がります。

それは、インスリンが筋肉や脂肪、肝臓に糖分を送り込むことによって、血液中の糖分が減ってくるからです。

また、インスリンは筋肉にアミノ酸を送り込む作用も持っています。つまり、筋肉を増やすためにはインスリンどんどん分泌させればよいということになります。

しかし、インスリンは同時に脂肪細胞にも働きます。つまり、インスリンが多く分泌されると体脂肪は合成されやすく、同時に分解されにくくなってしまいます。

インスリンは血糖値が上がると分泌されるわけですから、そのためには糖質を摂取しなければなりません。

最近は色々なジムで低糖質ダイエットが流行っていますが、これはまさにインスリンの分泌を抑えるための方法なのです。

特に糖質と脂質を大量に同時摂取すると、遊離脂肪酸が増えますのでさらに体脂肪が増えやすくなり、ダイエットの妨げになるので注意が必要です。

ただ、前述した通りインスリンは筋肉を増やすために重要なホルモンですので、血糖値を上げる糖質は筋肥大にはとても重要な栄養素になります。

低糖質ダイエットでは、確かに体脂肪は落ちますが、それだけ筋肥大もしにくいということです。

よくアスリートやボディビルダーは増量期と減量期に分けて身体を作っていきますが、増量期ではしっかり糖質を取り、筋肥大させて、減量期は糖質や脂質を制限し、体脂肪を落としていきます。

インスリンの作用を上手に利用しているということですね。

筋肉を増やす、ダイエットするなどの目的に合わせ、インスリンをしっかりコントロールできる方法を身につけると、もっとトレーニングが楽しくなりますよ!