自宅でのトレーニングでおすすめの道具とは

自宅でトレーニングを行っている、あるいは行ったことがある人は多いと思いますが、しっかりと効果が出た人は少ないのではないでしょうか。

自宅だとジムのようにたくさんのトレーニング機材を置くスペースがあるわけではないので、限られた道具を使用し、効率的にトレーニングをしなければなりません。

そこで、効率の良い自宅でのトレーニングに最低限必要な3つの道具を紹介したいと思います。

①可変式ダンベル

可変式ダンベルとは、手軽に重さを変えられるダンベルの事です。有名な商品だと、パワーブロックやボウフレックスの可変式ダンベルがあります。

最近ではフレックスベルという商品もあり、これはパワーブロックとボウフレックスの良いとこ取りをしたような商品だと言われています。

可変式ダンベルであれば、いちいち重りの付け替えをする手間が省けますし、コンパクトですので部屋のスペースを無駄にしません。

値段は効果ですが、一度購入してしまえば、あらゆるトレーニングがストレス無くできるでしょう。

②インクラインベンチ

インクラインベンチは、背もたれや座面の角度を変えることができ、これがあるとできるトレーニングの種目が圧倒的に増えます。

例えば、インクラインダンベルプレスで胸の上部を集中的に鍛えたり、シーテッドショルダープレスで体幹を安定させ、肩を安全に鍛えたり、背もたれに腹ばいになってローイングやリアレイズも行うことができます。

種類は色々あり、値段もばらつきがありますが、部屋にスペースが欲しい場合は折りたたみ式のものもありますので、持ち運びに便利です。

③トレーニングマット

トレーニングマットは、床を傷つけないために、ぜひ購入したい道具です。トレーニングに慣れないうちは不意にダンベルを強く置いてしまったり、また自力で起き上がれなくなり、床にダンベルを落とすしかないときもあるかもしれません。

そんなときにマットがあると床を保護してくれますので、安心してトレーニングに打ち込めます。

また滑りを防止してくれますので、スプリットスクワットなど後ろ脚を踏ん張る種目などではやりやすくなると思います。

自宅にヨガマットがある場合は、トレーニングマットの代用に使えるかもしれません。
その他にもあると便利な道具はありますが、最低上記の3つの道具があれば、全身をしっかり鍛えることができるでしょう。

ただ、トレーニングの道具がいかに優秀でも、使う人の技術が伴わなければ、効果は全くでないばかりか、逆にケガをするリスクもあります。

トレーニングはフォームが大切。YouTubeにもたくさんのトレーニング動画がありますので、繰り返し練習して、良いフォームを身に付けてください。