追い込むことは正しい?【トレーニング】

トレーニングにおいて、追い込むこと、つまり限界の力を出して筋肉に刺激を与えることは、必要なことでしょうか。

ある研究では、「自分で決めたレップスで止める」群と、「限界まで行う」群で筋肥大の効果を研究したところ、「自分で決めたレップスで止める」群は、ほとんど効果がなかったそうです。

この研究から、しっかり追い込むことは大切だとわかります。しかし、この研究は「1セットのみ」研究です。

以前の記事、「筋肉をつけるための必要な刺激」でも書きましたが、何セットも限界まで追い込む必要は無く、今ある筋肉の能力が100だとしたら101の刺激を与えることができれば良いのです。

そう考えると、最後のセットだけ限界の力を発揮することができれば良いのかもしれません。

軽い筋肉痛になれば101の刺激が与えられており、強烈な筋肉痛を追い求める必要は無いのではと考えられます。

特に日本人はまじめで、全てのセットで全力を出そうとしますが、外国人からすると、「日本人はなんてハードなトレーニングをしているんだ!」と思われるそうですよ。