運動の消費カロリーの計算方法【METs(メッツ)】

METs(メッツ) コラム

宇都宮のパーソナルトレーニングジム、ボディライブの山岸です。

 

ダイエットにおいての基本的な考え方は、1日の摂取エネルギーが消費エネルギーよりも少なくなるように生活することです。

 

消費エネルギーの求め方は、まず基礎代謝を計算し、基礎代謝に運動量レベルを掛けて1日の推定消費カロリーを計算します。

ダイエットの第1歩目!1日に消費するカロリーの計算方法

 

ただ、運動量レベルは結構ざっくりとした数値なので、もっと正確に自分が運動した消費カロリーを知りたい場合にはMETs(メッツ)という方法を用いることができます。

 

METs(メッツ)とは

 

METs(メッツ)は運動の強度によってポイントが決まっています。下記はその例です。

 

  • 1METs:静かに横になっている
  • 3METs:とても軽い運動
  • 5METs:早歩き
  • 6METs:ハードなウエイトトレーニング
  • 7METs:ジョギング
  • 8METs:バスケットボール
  • 10METs:ランニング

 

参考サイトはこちら

 

このMETs(メッツ)を用いて消費エネルギーを計算します。下記は計算式です。

「1.05×METs×時間×体重=消費カロリー」

 

この計算式で、その運動のおおよその消費カロリーを計算することができます。

 

例えば、60kgの方が30分のランニング(9.7km/h)をした場合の消費カロリーは

「1.05×10(METs)×0.5(時間)×60kg(体重)=315kcal」

というようになります。

 

これが100%正確というわけではありませんが、ある程度信頼できる数値なのかなと思います。

 

脂肪を1kg減らすのにトータルで約7200kcalを減らさなければならないと言われています。

 

METs(メッツ)計算を知っていれば、例えば日常生活にジョギングをプラスするとして、何日間で体重が1kg落ちるのかといったことをある程度予測することができます。

 

興味がある方は、実際に計算してみてくださいね。