過度な食事制限によるダイエットの弊害

満腹感 食事・栄養
スポンサーリンク

今回は過度な食事制限によってどんなまずいことが起こるのかを解説したいと思います。

 

いざダイエットを始めたは良いけれど効果的なやり方がわからず、とりあえず食べないようにして、結果的に絶食に近い過度な食事制限をしてしまう方は少なからずいます。

 

確かに体重は落ちていくでしょう。しかし、こういった過度な食事制限によるダイエットは身体にどのような悪影響を及ぼすのでしょうか。

 

まず、過度な食事制限をすると、筋肉量が減ります。これは、身体がエネルギー不足の状態になればなるほど筋肉から糖をつくってエネルギーを補充しようとする糖新生が起きやすくなります。これが筋肉量の減少につながってしまうのです。

 

筋肉量が減れば基礎代謝も落ちますね。するとどうなるでしょうか。そうリバウンドします。体重が減っていざ食事を戻すと、以前よりも筋肉量が減って代謝が下がっているわけですから、より脂肪を溜め込みやすい、リバウンドしやすい身体になってしまうのです。

 

これを防止するために、ダイエット時は極力筋肉量を減らさない努力をするべきで、これを我々パーソナルトレーナーはクライアントさんに実現させるために必死です。つまり、食事制限と筋トレの意義って主には筋肉量を減らさないためなんですよね。

 

少しずつペースが落ちてきても、今まで摂っていたカロリーは下げないほうが本当は良いです。なぜなら筋肉量を減らさないためですね。

 

なるべくカロリーはそのままで、糖質量を少し減らし、その分タンパク量を上げたりとか、糖質源を白米から玄米やサツマイモに変えたり、タンパク源を肉から魚に変えたり、そもそもダイエット法を切り替えたりした方が筋肉量は守られやすくなるかもしれません。

 

また過度な食事制限は、カラダが省エネモードになってしまう危険性があります。低カロリーに慣れてしまって代謝を下げるわけですね。ボディビルダーはこの省エネモードをチートという灰かろりーな食事をすることで打破したりしますが、そもそもカラダが省エネモードならないためにも、過度な食事制限はやめておいた方が無難です。

 

どのくらいのペースでダイエットするのが良いのか。それは、1週間に体重の1%程度のダイエット(50㎏であれば500g)だと言われています。この数値を守り、食事制限の悪影響のリスクも避けながら無理なくダイエットができると良いと思います。

 

ちなみに1週間に体重の1%程度のダイエットを行うにあたって、どのくらいのカロリーで1日過ごせば良いのか、三大栄養素のバランスはどう設定するのかといったことは、過去の記事でもお伝えしていますので、下に貼り付けておきます。

ボディメイクに欠かせない三大栄養素の計算方法

ダイエットの第1歩目!1日に消費するカロリーの計算方法

ダイエット目標の効果的な決め方

タイトルとURLをコピーしました