EPA・DHAとボディメイク

栄養の摂り方でボディメイクは決まってしまうといっても過言ではないほど、ボディメイクにおいて栄養の管理は重要です。

私が、パーソナルトレーニングをやらせていただいている中で、オススメしている栄養素がEPAとDHAです。

この栄養素は、青魚の脂に多く含まれていて、人間が生きていく上で必要な必須脂肪酸です。

このEPAとDHAには、中性脂肪を減らすという、嬉しい効果がありますが、さらに驚くべきことに、特にEPAには筋肉に対しても有益な効果があるのです。

EPAの摂取で、タンパク合成が25%増加し、タンパク分解は22%減少したという研究結果があるようです。

これは、人間での実験ではないためそのまま当てはまるわけではないですが、EPAのレベルを高めておくことが、筋肉をよりつけていくために効果がありそうです。

それでは、実際にどのくらいの量をとれば良いのでしょうか。

EPAだけでなく、DHAにも効果があることを考えると、EPA+DHAとして2~2.5g程度すれば良いと思います。

これは、イワシで考えると100gずつ毎日食べることになります。

ただ、毎日魚が苦手な人もいるでしょう。そんな方には、魚油サプリメントが色々出回っていますので、利用しても良いかもしれません。

トレーニングを良くしている人で、鯖の水煮を食べている人がいますが、確かにEPA、DHAが豊富で、タンパク質もありますが、脂質がある程度含まれていますので、減量中であれば、サプリメントを利用する価値はありそうです。

ダイエットにも筋肉をつけるにも有効なEPAとDHA、ぜひ、積極的に摂取してください。