トレーニング

コラム

ラットプルダウンの効果的な手幅や持ち方とは?

こんにちは。宇都宮のパーソナルトレーニングジム ボディライブの山岸です。 今回の記事では、背中のトレーニングには欠かせないラットプルダウンやチンニングの手幅について解説していきます。 なお背中で最も効かせたい部位、広背筋の役割と...
コラム

大胸筋上部を鍛えるオススメの種目

こんにちは。宇都宮のパーソナルトレーニングジム、ボディライブの山岸です。 最近のフィジーク人気により、大胸筋上部のトレーニングを優先的に行っている方が多くなってきました。 インクラインベンチプレス、上部狙いのケー...
コラム

筋トレはヘトヘトになるまで追い込むべき?

こんにちは、宇都宮パーソナルトレーニング、ボディライブの山岸です。 いきなりですが、皆さんはトレーニングで追い込むことができていますか? よく身体が変わらない方に、追い込みが足りないんじゃない?と言ったりしているトレーナを見かけ...
NO IMAGE コラム

三角筋後部の効果的なトレーニング

三角筋後部が発達している人を後ろから見ると、すごい迫力ですよね。 また、横から見たときの肩の丸みは、やはり三角筋後部を発達させないとなかなか成しえないと思います。 三角筋後部は鍛えにくい部位のひとつだと思います。 ...
NO IMAGE コラム

サイドレイズは高重量で?

以前の記事で、三角筋中部を刺激する代表的なエクササイズとしてサイドレイズを取り上げました。 サイドレイズは、僧帽筋に負荷が逃げやすく、フォームが安定しないうちは軽めの重量(12~15回程度)で行うと良いと思います。 ただ...
NO IMAGE コラム

サイドレイズで怪我しないフォーム

サイドレイズは三角筋中部を鍛えるためには必須のトレーニングと言えるでしょう。 そのため、人気のエクササイズにもなっており、YouTubeのトレーニング動画などでよく見かけます。 しかし、あまり推奨されないフォームで行って...
NO IMAGE コラム

三角筋中部のトレーニングのコツ(サイドレイズ)

三角筋中部を鍛えると広い肩幅を手に入れることができます。男性であれば、正面から見たときの迫力が増し、女性は小顔効果やくびれを強調させることができます。 その代表であるトレーニングがサイドレイズですが、もったいないやり方を行っている...
NO IMAGE コラム

三角筋前部のストレッチ種目(インクラインフロントレイズ)

前回の記事では、三角筋の多関節種目(コンパウンド種目)であるアーノルドプレスに関して書きました。 今回は、三角筋前部の単関節種目(アイソレート種目)であるフロントレイズに関して紹介していきます。 三角筋のレイズ系の種目は...
NO IMAGE コラム

三角筋前部の効果的なトレーニング(アーノルドプレス)

トレーニングで肩と言えば三角筋です。肩幅が広い男性は明らかに見栄えが違いますよね。 もちろん女性も、三角筋のトレーニングをすることにより、よりくびれを強調させることができます。外国人の女性で一番好きな筋肉と言われて三角筋と答える人...
NO IMAGE コラム

ネガティブエクササイズについて

ネガティブでの筋力は、ポジティブで発揮できる筋力の20~30%増しになると、以前のコラムでお伝えしました。 つまり、筋肉に強い負荷をかけることができます。ただし、強い負荷がかけられる分、オーバーワークにもなりやすいため、頻度はそこ...