トレーニング

腹筋の鍛え方と誤解

割れた腹筋は、男女とも憧れますよね。でもなかなか効果的に腹筋のトレーニングをできている人って実は少ないのです。 最も多い誤解は、背中を真っ直ぐにしたまま、股関節から曲げる人。体力測定の上体起こしがまさにそれです。 しかし、このト...
食事・栄養

グルタミンの効果

グルタミンは体内に最も多く存在するアミノ酸で、ストレスがあるときに必要量が急増します。 このようなアミノ酸を「条件下必須アミノ酸」と呼びます。 さっそくグルタミンの効果について見ていきましょう。 筋肉の分解を防ぐ トレーニン...
トレーニング

ウエイトトレーニングのテクニック(チーティング)

ウエイトトレーニングの基本は、反動を使わずに丁寧にターゲットの筋肉を追い込むことです。これをストリクトと言います。 ただ、ストリクトに動作を行っていくと次第に重りが上がらなくなってきます。それを乗り越えるためのテクニックがチーティング...
食事・栄養

EAAとBCAAの使い分け

BCAAは必須アミノ酸のバリン、ロイシン、イソロイシンだと以前の記事で書きました。 では、EAAとは何でしょうか。EAAは必須アミノ酸全てを指します。人間は体内で作り出すことができないアミノ酸があり、それを必須アミノ酸と言います。 ...
食事・栄養

BCAAの摂取方法

前回の記事では、BCAAの効果についてお伝えしました。 今回の記事では、具体的な摂取方法について説明します。 BCAAを摂取すると摂取後15~30分で血中レベルが最大になり、それからゆっくりと低下して2時間後には元のレベルに戻り...
食事・栄養

BCAAの効果

トレーニングを継続していく中で、一度は耳にした事のあるBCAAというサプリメント。 しかし、実際にBCAAを試したことがある人は少ないのではないでしょうか。 サプリメントは薬ではないので、摂取したから目に見えて効果が出るというわ...
トレーニング

肩の筋肉痛を得たい!【インクラインサイドレイズ】

ショルダープレスやサイドレイズ、リアレイズなどいくつもある肩のトレーニング種目。 その中での人気の種目がサイドレイズです。サイドレイズは主に肩の中部を鍛えるのに適しています。 男性であれば広い肩幅、女性でもウエストを細く見せたり...
トレーニング

大胸筋を鍛えるためのコツ

男性であればたくましい身体、女性であればバストアップなど、人気の部位大胸筋を解説します。 大胸筋は次の3つに分類することができます。 大胸筋上部:鎖骨と上腕骨を結ぶ 大胸筋中部:胸骨および1~6肋軟骨と上腕骨を結ぶ 大胸筋下...
食事・栄養

果糖の問題点

果糖というと果物に含まれる身体に良さそうな糖質というイメージがあります。 しかし、果糖は痛風の原因になったり中性脂肪を増やして脂肪肝を誘発させたりと様々な問題を引き起こします。 果糖はいったん吸収されるとグルコースよりも遥かに早...
トレーニング

宇都宮 パーソナルトレーニング【事前疲労法】

先日、宇都宮の方のご自宅にパーソナルトレーニングに行きました! 今回クライアントさんの奥さんから、トレーニングで対象の筋肉に効いている感覚がわからないとの意見がありました。 どういうことかというと、例えばダンベルプレスは大胸筋が...
トレーニング

チェーントレーニングについて

バーベルやダンベルなどフリーウエイトによるエクササイズでは、重力や関節角度の関係で動作の楽な部分とキツい部分とに分かれます。 スクワットで言うと、ボトム(一番しゃがんだところ)ではキツいのに立ち上がる直前では楽になります。 ベン...
食事・栄養

ダイエット時に満腹感を得るために

ダイエット時には、どうしても空腹感との戦いになりますよね。 これを乗り切るために、例えば食事を細かく取って、血糖値が下がり過ぎないようにしたり、腹持ちの良いGI値の低い食品を食べたりと色々なテクニックがあると思います。 また、人...
トレーニング

筋肉を追い込むテクニック【ドロップセット】

筋肉を追い込むテクニックとして、ドロップセットという方法があります。 このドロップセットは、例えば100kgではもうできなくても、80kgに落として安全確実にレップスを繰り返すという方法で、限界に近づいたらウエイトを軽くしてさらに回数...
トレーニング

時短トレーニング法【レストポーズ】

トレーニングを定期定期に行っている人で、時間がなく、十分なトレーニング時間が確保できなった経験をした人は、少なくないでしょう。 そんな時、短時間で筋肉を追い込むテクニックをご紹介します。 それは、「レストポーズ法」というテクニッ...
食事・栄養

トレーニング中の糖質摂取【デキストリン】

トレーニング開始後、数時間の間は筋タンパクの入れ代わりが激しくなっています。むしろ、タンパク合成よりも分解のほうが激しくなっています。 これを防ぐためには、トレーニング後に糖質を摂取することが重要です。 体重1kgあたり1gの糖...
その他

パーソナルトレーニング【鹿沼】

先日、栃木県鹿沼市のとあるご自宅でパーソナルトレーニングを行わせていただきました! パーソナルを開始して間もなく、トレーニングの経験もほとんどないとのことでしたので、オーソドックスなコンパウンド種目を低負荷高回数で行いました。 ...
食事・栄養

食物繊維「イヌリン」について

食物繊維には、大きく分けて2つの種類があります。1つ目は水に溶ける繊維で「水溶性食物繊維」と言います。 これは消化器の中でゲル状になって、食べ物の移動を遅くしてくれます。 水溶性食物繊維には健康面でのメリットもあって、コレステロ...
食事・栄養

糖質の消化吸収スピードとダイエットの関係【GI値】

インスリンの分泌が盛んになることで、筋肉や体脂肪がつきやすくなると、前回の記事で書きました。 実は食物によって糖になって吸収されるスピードが違い、それをGI値(グリセミック・インデックス)と言います。 GI値が高いほど糖として身体に吸...
トレーニング

追い込むことは正しい?【トレーニング】

トレーニングにおいて、追い込むこと、つまり限界の力を出して筋肉に刺激を与えることは、必要なことでしょうか。 ある研究では、「自分で決めたレップスで止める」群と、「限界まで行う」群で筋肥大の効果を研究したところ、「自分で決めたレップスで...
食事・栄養

筋肥大に重要なホルモン「インスリン」

筋肉を増やすために、最も重要なホルモンがインスリンと言われています。 インスリンの働き、それは「血糖値を下げること」です。つまり、血液中の糖分を身体の組織内に送り込む働きがあるのです。 食事をすると栄養素が血管に流れ込んできて、...
タイトルとURLをコピーしました